メニュー

Portfolio

【Interface Design 2】


板ガラスの向こうに板ガラスが透けて見え、カードみたいにパラパラめくれたら、誰でも触ってみたくなるだろう。まずは直線上に画像を並べ、奥へ手前へ動かしてみる。が、動かない。画像が重すぎるのだ。そこで徹底的な軽量化を期待してガラス板をSpriteで描画しなおし、直線運動を縮拡運動に書き直し、ラップトップでも描画できるギリギリのフレームレートで再生してみる。すると、ボタンの操作で板ガラスがすっと動く。奥へ手前へ狙った通りに動き始める。期待以上の軽量化が図れた次はテキストとspriteを配置し、コードを加えて調子に乗る。2005年頃の製作。

http://www.adayinmylife.com/test  再生にはAdobe flash playerが必要です


株式会社アデイ

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-35-16
ルナーハウスパート4ビル 5F
Tel. 03-5775-2028 Fax. 03-5775-2038

Portfolio


Works